spacer
テレデザインは、設計監理やコンサルティングの業務を行っています。

Lifestyle-Residence Architecture/Intrior
Design-Branding Property-Renovation


無料相談を随時承ります。
業務の依頼をお考えの方、あるいはご相談をしたい方、気軽にお問い合わせください。

また、不動産から探したい、予算や進め方がわからない。特殊な土地条件のため建築可能かどうかわからないなど、様々な疑問にお答えいたします。

・無料相談の手順
1. メール・電話にて相談の内容、疑問事項をお伝えしてください。
2. それぞれの内容に対応してお会いする日時を調整します。
3. 直接お会いしてヒアリングし、その方向性をアドバイス等行います。(時間は1〜2時間程度)
4. その後は、ご相談内容に応じて、メールや電話などでも引き続きご相談可能です。

>>お問い合わせ

>>資料請求はこちらから

業務依頼をお考えの時は・・・。
  • 電話あるいはメールにて、お気軽にお問い合わせください。電話で概要をお伺いし、その後、直接お会いして簡単なヒアリングをさせていただき、業務内容や取り組み方等をご説明させていただきます。
    (※ご相談自体に費用はかかりません。)

  • 業務依頼を検討されていらっしゃる場合、ご予算や希望スケジュール、そして求めていらっしゃるデザインや機能など、要望に応じて、プロジェクトの対応方法等を検討させていただきます。また、全体予算を考慮した上で、我々の設計/デザイン料や取り組み方なども臨機応変に対応しています。(※プロジェクト取り組みの検討に費用はかかりません。)


  • 設計料について
    設計料は設計の難易度・規模・予算によって異なります。また、敷地条件や構造形式の違いにより作業量や確認申請の方法や構造計算などの基準も異なるため、最終的には、ご要望や予算、敷地条件などを把握させていただいた上で、最終的な見積書を作成します。(50キロ以上の遠方の場合は、別途出張交通費等がかかります。)

    設計料の目安
    予算 設計料(目安)
    1000万円以下 :応相談
    1000万円 :〜150万円
    1500万円 :〜200万円
    2000万円 :〜250万円
    2500万円 :〜300万円
    3000万円 :〜350万円
    3500万円 :〜400万円
    4000万円 :〜450万円

    設計料の支払いスケジュールについて
    設計料の支払は、新築工事の場合、業務の進行に合わせて5回を標準としています。
    1回目:契約時 ー30%
    2回目:基本設計終了時 ー20%
    3回目:実施設計終了時 ー20%
    4回目:着工時 ー20%
    5回目:竣工時 ー10%

    リフォームやインテリア工事の場合は、規模にあわせて3回から4回が標準となっています。
    1回目:契約時 ー30%
    2回目:設計終了時 ー30%
    3回目:着工時 ー30%
    4回目:竣工時 ー10%

    ビル等の一棟リノベーション等の場合は規模や方法によって異なります。お問い合わせください。

    Q & A:業務依頼についてよくある質問をまとめてみました
    Q:不動産が見つかっていないのですが?
    A:提携業者に協力を依頼し、不動産からお探しすることも可能です。

    Q:資金計画や住宅ローンに不安があるのですが?
    A:一戸建ての注文住宅およびに中古リノベーションの場合は、住宅ローンの組み方に工夫が必要になります。資金計画から予算の算出、そして住宅ローンへの対処についても気軽にご相談ください。

    Q:建設コストが不安です。どのぐらいかかるのでしょうか?
    A:建築家に頼むと、高く付くんじゃないか・・・と思ってらっしゃる方が多くいらっしゃいます。
    あるいは、予算オーバーしてしまうんじゃないかと・・・。 ご心配なさらないでください。
    予算あってのプロジェクトですから、予算の範囲での最大限の可能性をもった設計デザインを致します。

    建設コストの目安
    木造の工事費:坪55万円〜80万円
    鉄骨造の工事費:坪90万円〜110万円
    RC造の工事費:坪 95万円〜120万円
    地階部分の工事費:坪150万円〜200万円

    Q:要望が多くてどのぐらい実現できるか見当がつきません。
    A:ぜひ、希望されている要望をたくさん語ってください。
    予算に合わせて調整をする必要はありますが、その要望をできるだけ生かして予算に納めるよう設計を進めます。
    様々な要望を取り入れつつ、設計途中にコスト検討や概算見積などを行い、最終的に予算に適合するように、品質が高いけど、値段を低く抑えられるような材料や設備も取り入れたりし、コストコントロールを致します。また、工事途中の変更要望があった場合でも、事前にコスト検討をすませた上での発注を行いますので、最後に大きく予算をオーバーするといった不測の自体も防げます。

    Q:構造および地震対策について
    A:構造については、重要視しており、法定基準における耐震性能の最低でも1.5倍以上の強固な設計を心がけています。構造設計はベテランの優秀な構造設計事務所に依頼をしており、構造計算やその対策などについても、きちっと説明・ご理解いただいた上で、実際の現場においても、その設計通り施工がされていることを、ご一緒に目で見て確認していただきます。

    Q:施工の保証等の扱いについて
    A:完成保証をつけて工事契約を結ぶことによって、万が一の施工業者の倒産等のリスクを回避できます。また、完成後には瑕疵担保保証およびメーカー保証等がつきます。