spacer
TOP > Works > Light Well House



狭小敷地に光を導く効果的なトップライトー光の井戸

<光の井戸>
約40mも続く路地を下っていった行き止まりに位置する住宅。

北側に約5m、西側には約2mのよう壁が隣地境界に沿って存在し、周辺には木造2〜3階建ての住宅が建て込んでいる非常に過密な立地条件の中では不可能と思われたが、様々な創意工夫を凝らして、クライアントの要望である「明るくオープンで家族が容易にコミュニケーションできる内部空間」を実現している。

 

プライバシーを考慮しながらも、周辺緑を効果的に開口を設けて内部に取り込む配慮をし、閉鎖的平面構成ながら、中央部ではトップライトを巧みに利用して、内部にいながらも開放的で広がりのある居住空間をつくりだしている。

狭く細長いアプローチ空間から、玄関ドアを開けると吹き抜けの細長いエントランス。そして天空からの光に導かれるように階段を上がって2階無柱の広々としたLDKへといきつくシークエンスを演出。3階では効果的な開口をとることによって、各スペースに最大限の採光とプライバシーを確保している。

北側にLDKを配置したのが結果的に良い結果となった。周囲の緑を景観として取り込み、トップライトの光がとても穏やかな雰囲気を醸し出している。東京の中心部に居るとは思えない、まるで別荘地にいるような落ち着く空間である。


名称:Light Well House
所在地:東京都港区
主要用途:専用住戸
構造・規模:木造一部鉄骨造 地上3階
建築面積:55.12m2
延床面積:143.37m2
竣工年月:2005年4月

建築設計:納村信之+田島則行+テレデザイン
構造設計:ストラクチャード・エンヴァイロンメント
担当:アラン・バーデン+贄田泰然
施工:広橋工務店

「NewHouse」05年8月号にLight Well Houseが掲載

200508newhouse01.jpgNew HOUSE 8月号に、納村、田島が設計した Light Well Houseが掲載されています。

続きを読む "「NewHouse」05年8月号にLight Well Houseが掲載" »

low-banner