spacer
TOP > Works > A-complex


都市がプログラムされた複合ビル

神奈川県海老名市の郊外に建つ、職住近接型のコンプレックスビル。
新聞販売店としての機能と、2世帯住居、社員寮としてのワンルームアパートという生活空間、それに付随する施設が1つの建物の中に計画されることになった。

プログラムによる都市的な構成がテーマとなっており「新聞販売店の作業場」「事務所」「パーソナルオフィス」「両親の住宅(住居A)」「子息の住宅(住居B)」「従業員寮(ワンルーム賃貸アパート)」「屋根付き駐車場」「庭」といった8つの機能が、複雑に絡み合い、お互いに隣接しつつも分断され、平面的にも断面的も重層し寄せ木細工のように組み合わされている。

地方都市のこれといった特徴のないコンテクストに対し、その構成そのものが都市に対する立面として露わになり、いわば都市の平面的な構成が立体化された形で、環境を充足しようという試みである。
また、それぞれの空間は、その空間の性格により、都市に対して開くパブリックな領域と内に向かって開くプライベートな住宅が巧みに振り分けられ、断面的に解放される方向が限定される仕組みになっている。

そういったそれぞれの空間の都市的な特徴を考慮して、それぞれのヴォリュームの素材も選ばれており、透明かつ強度のある大ガラスによるオフィスエリアや左官壁により閉鎖的な住居、そしてワンルームアパート部分は亜鉛メッキされた有孔折板によってシャープに区切られて、お互いに相容れない素材が隣り合い、スケール的にもコントラス的にも、都市空間にある種のテンション(緊張感)を投影している。


名称:A-complex
所在地:神奈川県海老名市
主要用途:複合ビル
構造・規模:鉄骨造、地上3階
延床面積:565.15m2
竣工年月:2000年12月
設計:田島則行+柳原博史+テレデザイン


photo© 平剛

「OFFICE DESIGN」にA-complexが掲載

200604officedesign01.jpg ドイツの書籍「OFFICE DESIGN」に田島がデザインしたコンプレックスオフィスA-complexが紹介されています。

続きを読む "「OFFICE DESIGN」にA-complexが掲載" »

「現代住宅空間設計」

200508M.R.D01.jpg上海出版の書籍、「現代住宅空間設計」に田島設計のRound Cell House,A-complex,鯨家,久野、納村設計のC-Houseが掲載されています。

続きを読む "「現代住宅空間設計」" »

low-banner